グローバル社会で求められるチカラとは

グローバル社会では、日本人が大切にしてきた「阿吽の呼吸」で新たな価値を生み出すことは難しいかもしれません。一つの価値を生み出すために新しいチームが結成され、ミッションが完了すれば解散といった場面が増加します。つまり、語学力だけでなく論理的に物事を表現する力も重要になります。さらに、自分の正義と相手のそれを粘り強く調整するタフな精神や、一つひとつの選択が誰を幸せにするのかを常に考え続ける優しさも求められます。豊南高校では、これからの社会で通用する人になるための「国際理解教育プログラム」を用意しています。

  • TOKYO GLOBAL GATEWAY (1・2年生全員)
    オールイングリッシュの1日
    東京晴海のTOKYO GLOBAL GATEWAYの研修プログラムに学年単位で参加します。この施設内では、日本語が通じません。シチュエーションを変えながらオールイングリッシュでコミュニケーションをとっていきます。
  • オーストラリア語学研修(1・2年生希望者)
    ヒルズ・インターナショナル・カレッジ<H・I・C>
    希望者には「8月に2週間の語学研修」「1月~3月に10週間の短期留学」をオーストラリア・ブリスベン郊外の姉妹校であるHICで行うことが可能です。
    オーストラリアの生徒だけでなく世界から留学生が集まる学校です。
  • British Hills(1・2年生希望者)
    夏期語学研修
    滞在型異文化・英語研修です。いろいろなアクティビティを通してネイティブスピーカーから英語を学びます。キャンプの最後には、英語によるプレゼンテーションも実施します。
  • 夏期語学研修〈8月・2週間〉

    HICでの語学研修に加え、博物館やゴールドコーストに出かけるプログラムもあります。日本を離れることで見えるものがあるはずです。

  • 短期留学〈1月・10週間〉

    はじめの1か月は意思疎通がうまくいかず苦しく感じるかもしれません。これを乗り越えるとコミュニケーションをとることが楽しくなります。

[学内での取り組み]

  • 英会話ルーム
    ネイティブスピーカー常駐 8:20~18:20の校内留学
    米国人と英国人講師が常駐しています。気軽に入室が可能で、いつでも英語で会話ができます。この部屋での日本語は禁止です。英検対策や大学入試の添削指導なども実施しています。
  • 英単語熟語コンテスト
    語彙量が、深い思考を可能にして
    表現も豊かにする
    12月に全校一斉の「英単語熟語コンテスト」を実施しています。英検3級から準1級のレベル別の問題で構成されています。これに向けた小テスト等が年間を通じて実施されています。
  • 小論文
    最も問われてくる力
    英語でのプレゼンテーション能力
    英語でのプレゼンテーションのステップとしてのレシテーション大会や、修学旅行先での外国人留学生とのディスカッションなど英語で「話す」プログラムがたくさんあります。