3学期制の高校の約4年分の授業時間を確保。
多くの課外活動と合わせて、学力と人間力を伸長。
  • 1

    学校中心の3年間で
    着実な学力を
    1年間を4ターム(学期)に分けることにより、下表のように授業時間を確保します。これにより、大学入試対策の時間をしっかりと確保することが可能です。
  • バランスのとれた授業日
    設定で学習効果を上げる
    バランスのとれた授業日の配置により、学習へのモチベーションを維持します。4ターム制では、4回成績表が出ることにより、苦手分野のリカバーがスムーズに行えます。
  • 3

    6時間授業を基本とし、
    課外活動時間を確保
    6時間授業を中心とすることで、クラブ活動や生徒会活動の時間を十分に確保します。これらの活動に主体的に参加し、他者と協働することで人間力を向上させていきます。
[3コースの学習の流れ]